フォト
無料ブログはココログ

週間天気予報

« セキスイかわらUの張替え | トップページ | ガルバリウム鋼板の外壁 »

2011年9月20日 (火)

ガルバリウム鋼板の屋根

最近、記事を書き込むのをすっかりサボっていまして、、、スミマセン

いつの間にか暑い夏が過ぎ、もう9月の半ばですね~。

いつまでも暑いかと思えば、台風襲来で、めまぐるしい天候が続いています。

家の周りの台風の備え、しっかり点検しておきましょう!!

さてさて、最近の工事ですが、、、今回は、、

設計工房ラクジュの新築工事の屋根を紹介します。

この物件には、カラーガルバリウム鋼板を使用した「嵌合式立平葺き」が採用されました。

Sh3h0131

↑工場成形された長尺板をビス止めしていきます。接続は、立ハゼ部分を重ねて上から踏みつけると、パチン、と、嵌合される構造になっています。

軽量で、耐久性があり、メンテナンスが容易、などの特徴から、ガルバリウム鋼板は、新築物件でも採用されることが多くなりました。

加工性にも優れているので、形状も、立葺き、横葺き、瓦調など、いろいろなデザインを選択することが可能です。

Sh3h0134

立平葺きは、文字通りすっきりとした縦のラインが特徴。

Sh3h0135

この形、雨水の流れがスムーズなので腐食しにくく、もっとも長持ちする屋根だと思います。

Sh3h0132_2

雪止め金物は、立ハゼ部分に挟み込み、ボルトで締め付けて取り付けます。

Sh3h0133

↑こんな感じに取り付きます。

ところで、耐久性の話ですが、

昔のトタン屋根の頃から、この立葺き(心木アリ瓦棒葺き、心木なし瓦棒葺き、立平葺き等)が、丈夫さでは一番実績がある屋根だと思います。(私見ですが…)

例えば、

Sh3h0113

↑富士山頂の測候所の建屋の屋根

風速100m/sにも耐えています!!

Sh3h0127

↑南アルプス北岳肩の小屋の屋根

そういえば、厳しい気象条件の山岳地帯の山小屋の屋根は、ほとんどこの形状です。

(まっ、資材運搬のし易さ、施工の簡易さ等も考慮されているかと思いますが…)

(以上、この夏に行った、山の写真の一部でした…。)

そうそう、

ラクジュの本物件、外壁もガルバリウム鋼板サイディングにて施工します。

工事にかかりましたら、また様子をアップしたいと思います。

ラクジュの設計コンセプト等、興味をもたれた方は、

ホームページ

 http://www.lakuju.jp/

をぜひご覧ください。

« セキスイかわらUの張替え | トップページ | ガルバリウム鋼板の外壁 »

コメント

2019年の超人気ブランド新品
商品数も大幅に増え、品質も大自信です
当社の商品は絶対の自信が御座います
品質がよい 価格が低い 実物写真 品質を重視
財布コピー、バッグコピー、腕時計コピー、小物コピー、
N品、価格激安、品質の保証,
ご注文を期待しています
腕時計ショップ https://www.watcher007.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガルバリウム鋼板の屋根:

« セキスイかわらUの張替え | トップページ | ガルバリウム鋼板の外壁 »