フォト
無料ブログはココログ

週間天気予報

« ガルバリウムサイディングで外壁リフォーム | トップページ | ガルバリウムサイディングで外壁リフォーム(その3) »

2011年12月12日 (月)

ガルバリウムサイディングで外壁リフォーム(その2)

サイディング工事は、

サイディング本体を張るまでの下地造り(下準備)に、結構手間がかかります。

Sh3h0201

↑胴縁を打ち終えたら、水切を取り付け。

Sh3h0204

↑ようやく、サイディング本体張り。

Sh3h0202

↑今回は、しっかりと、ビス留め。

(ハンマーでトントン叩いて、中の土壁が崩れたら大変!?という理由もあります)

Sh3h0203

↑窓ナシ、突起物ナシの壁は、とても仕事がはかどります。

Sh3h0205

↑が、そんなに楽はさせてもらえません。

リフォームの場合はたいてい、

電気の配線、エアコンの配管、、ガス管、水道管等が、出ていることが多く

新築に比べて、とても手間がかかります。

« ガルバリウムサイディングで外壁リフォーム | トップページ | ガルバリウムサイディングで外壁リフォーム(その3) »

コメント

リフォームは新築に比べ大変なのですね。配線、配管などが前もって分かってないからですか?計画の変更を迫られる事もあるんでしょうね。本当にご苦労様です。
だいたい、何日ぐらいで仕上げるのですか?

弾き語りマスターさま

規模にもよりますが、一人で施工してだいたい2~3週間くらいでしょうか。

配線、配管については、壁を貫通しているところは、外すことができないので、サイディングを切り込んで取り付けます。(言葉ではわかりにくいので、また写真載せますね)

まあ、家の外壁の周りというのは、エアコンの室外機等々、いろんなものが置いてありまして…。工事の際には、まず、それらをどっこいしょ!と、移動させることから…、というのが、新築と違うところですね~。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガルバリウムサイディングで外壁リフォーム(その2):

« ガルバリウムサイディングで外壁リフォーム | トップページ | ガルバリウムサイディングで外壁リフォーム(その3) »